厳選!キャットフード安心ナビ
メインイメージ

No.1 カナガン

カナガン

No.2 シンプリー

シンプリー

No.3 FINEPET'S

FINEPET'S

ペット保険についてNAVI「PS保険」

ヒューマングレード・グレインフリー・合成添加物不使用の良質なフードを与えることで病気のリスクを大幅に減らす事ができます。

しかし、病気を100%防ぐことはできません。
フード以外の原因で病気になってしまう可能性もありますし、高齢になれば老化による病気のリスクが高まります。

また、外飼い猫ちゃんの場合は、ケガや感染症のリスクも考えられるでしょう。
それらの条件を考えると、やはり、動物病院と上手に付き合うのは大切なポイントです。

しかし、慢性的な病気や、手術が必要な病気、ケガなどを患ってしまうと、どうしても医療費は高額になってしまいます。
そうなると、「どこまで医療を受けさせてあげられるか…」という非常に切実な問題に直面します。

愛する猫ちゃんに、いつでも焦ることなく最大限の治療を受けさせてあげたい…と思う飼い主さんが殆どだと思います。

そんな万が一に備えておきたい飼い主さんにとって最適な選択肢として挙げられるのがペット保険です。
加入しておくことで、万一にも、しっかりと対応することができます。

とは言え、ペット保険に加入するとなると…
「保険料が気になる」「最低診療費の制限」「免責金額がある」などなど、様々な条件のせいでプラン選びが難航することも。
また、「そもそも加入する必要があるのか?」と悩んでしまうこともあります。

そこでこのページでは、満足度の高いペット保険についてナビゲートします。

おすすめはPS保険!

詳細情報をCHECK

ずばり、当サイトでおすすめしたいのは、PS保険という保険です。

この保険の最大の特徴は、保険料が非常にリーズナブルであるということ。
それでいて、補償内容がしっかりと充実しているので、満足度は抜群です。

手術・入院はもちろん、ペット保険で最も使用されるケースが多い通院にも対応しています。
手術を伴わない通院でも保険金を受け取ることができるのでおすすめです!

動物病院がより身近に便利に利用できるようになります。

一生涯続けられる保険料!

PS保険保険料の上昇が緩やかなので、一生涯リーズナブルに続けることができるサービスです。
保険料は3歳毎に1度しか引き上げられません。

また、年齢以外の原因(通院回数・手術の実施など)で保険料が引き上げられることもないので安心!

「体調が優れないみたいだけど、保険料が上がるのが嫌だから連れていくかどうか悩む…」
という本末転倒な悩みが生じることもありません。

また、一生涯保険に加入し続けた場合、保険料にはかなり差が出ます!
下記のグラフは小型犬の場合の数値ですが、猫の場合もほぼ同様の開きが出ます。


補償は最大110万円!

通院・入院・手術・車イスなど全て合わせて最大110万円の補償が適用されます。
通院・入院・手術・車イスなどにそれぞれ支払い限度額・限度日数が設定されていますが、内容は十分実用的です。

3つのプラン

50%補償、70%補償、100%補償…と補償割合の異なる三つのプランが用意されています。
(補償する内容そのものは同じで補償額の割合が違います。)
予算に合わせて、好きなプランを選ぶことができるのが魅力です。

特に50%補償プランは保険料がリーズナブルで家計にやさしいので、初めてでも気軽に加入することができます。

契約・見積もりが簡単

WEBに特化したペット保険なので、申し込みが簡単!
パソコンやスマホ、タブレットなどで手軽に申し込むことができます。

診断書・血統書・体毛なども不要です。

もちろん、見積もりは簡単ですし、資料請求も無料です。