厳選!キャットフード安心ナビ
メインイメージ

No.1 カナガン

カナガン

No.2 シンプリー

シンプリー

No.3 FINEPET'S

FINEPET'S

猫種別専門のキャットフード(ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤン用キャットフード)

猫は種類により、発症しやすい病気や怪我などが異なります。
しかし、ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤンのように、容姿がよく似ている場合は発症しやすい病気などが同じといわれています。
そこで今回は、猫種別専門のキャットフードの内、ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤン用キャットフードについてご紹介します。

ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤンの違い

ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤンの三種類の違いは、毛色です。
チンチラとヒマラヤンは、ペルシャの一種なので、品種としては同種です。
以下では、それぞれの主な特徴を簡単にご紹介します。

ペルシャ

ペルシャには30種類を超える毛色と模様があります。
また、品種改良や絶滅の危機に陥った品種を復活させるためにペルシャは頻繁に活躍しているため、猫界の王様ともいわれています。
大人しく、愛嬌があるため、ペットとして飼育しやすい猫です。

チンチラ

チンチラはペルシャの毛色の一種で、毛先の1/5以下に黒い毛色がある子を指します。
また、白地に黒い毛が混ざった子をチンチラシルバーと呼んだり、茶色地に黒い毛が混ざった子をチンチラゴールドと呼びます。

ヒマラヤン

ヒマラヤンはシャムとの交配により誕生しているので、カラーポイント(顔、耳、四肢、尾の4か所にベースとは異なる毛色が出現しているカラー)が特徴です。
人好きで、お留守番が苦手な子が多いです。

ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤン用キャットフードの特徴

猫の種別に開発されたキャットフードの中には、品種の特徴を考慮するため、獣医師の監修の下で開発されているフードもあります。
以下では、ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤン用として販売されているキャットフードの主な特徴についてご紹介します。

誤飲した毛の排出を促す

ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤンの三種類に共通している特徴といえば、長い被毛です。
長毛種はグルーミングの際に誤飲した毛が胃や腸に溜まりやすく、毛球症(消化器官に溜まった毛玉により通過障害が起こる病気)に掛かりやすいです。
そのため、ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤンのために開発されたキャットフードは食物繊維を配合し、グルーミングにより誤飲した毛を自然に排便できるようにサポートしているフードが多いです。

皮膚と被毛の調子を整える

ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤンは、美しく長い被毛が自慢の品種です。
そのため、新鮮な原料を使用したり、オメガ6系不飽和脂肪酸やオメガ3系不飽和脂肪酸を配合し、より美しい皮膚と被毛をサポートしてくれるフードもあります。

フードの形状をこだわっている

ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤン用キャットフードの中には、鼻ペチャ猫でも食べやすいように粒がアーモンド形など、粒の形状にこだわりがある業者が多いです。
特にペルシャは鼻が潰れているので、通常の丸い粒では食べにくい子もいるようです。

泌尿器系を維持するため、ミネラルのバランスを調整している

ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤンに限らず、猫は水をあまり飲まないので、ミネラルが多いキャットフードを食べ続けると、腎臓などに負担を掛けてしまうことがあります。
そのため、ミネラルのバランスを調整し、泌尿器系に結石などができないよう、配慮しているフードが多いです。

良質なキャットフード

猫の種別に製造されているキャットフードは、猫の健康に対する意識が高い飼い主さんをターゲットにしていることが多いため、良質なフードが手に入りやすいです。
業者によっては注文を受けてから製造するなどのこだわりを持っています。

猫の種別に販売されているキャットフードの多くは、成猫用として製造されています。
そのため、子猫や高齢猫では栄養バランスに偏りが出てしまう場合があります。
購入の際は、その猫の品種だけでなく、年齢や健康状態に合わせたフードであることを確認しましょう。