厳選!キャットフード安心ナビ
メインイメージ

No.1 カナガン

カナガン

No.2 シンプリー

シンプリー

No.3 FINEPET'S

FINEPET'S

激安キャットフードの危険性

キャットフードは日常的に必要なため、どうしても安いものを選びたくなってしまいます。
しかし、あまりに安いキャットフードは健康を害してしまいます。
そこで今回は、安すぎるキャットフードの危険性についてご紹介します。

原材料をチェックしよう

キャットフードを激安で販売するためには、原料のコストを抑える必要があります。
そのため、安全で安価のキャットフードを購入する場合は、下記の項目をチェックしながら検討しましょう。

肉の副産物、○○ミール

キャットフードには、食べるべきではない部位(くちばし、とさか、ひづめ、羽根など)や4Dミート(※1)が使用されていることがあります。

野生の猫は捕らえた獲物を皮や羽根ごと食べてしまうので、食材を丸ごと使用するのは一見、問題ないようにも思えます。

しかし、キャットフードに使用されている皮や羽根は、精肉工場などで破棄された材料を集めており、質の悪い部位が使われています。
さらに、粗悪な原料をカバーするため、着色料や香料を大量に使い、見た目や臭いを誤魔化している場合もあります。

そのため、肉の副産物や○○ミールと表示されてる場合は、その原料にはどの部位が使われているか明確なものを選ぶといいでしょう。

(※1)4Dミートとは
4Dミートとは、Dead(死んだ)、Dying(死にかけている)、Diseased(病気の)、Disabled(けがをした)の4つの英単語の頭文字を合わせたアメリカの造語です。
主に、食品として相応しくない肉に対して使う言葉です。

穀類

本来、猫は肉食動物なので穀類を食べません。
また穀類を食べるときは、獲物が未消化でお腹の中に残した分を、胃や腸を食べるついでに口にしているだけです。
わざわざ穀類を見つけ出して食べることはありません。
そのため、穀類を主原料にしているキャットフードをあげ続けると、アレルギーを起こすことがあります。

また穀類を主原料としている総合栄養食(※2)の場合、穀類だけでは栄養バランスを整えることができないため、添加物を使って調整しています。
その結果、添加物が原因で健康を害してしまう猫もいます。

そのため、穀類を主原料にしているキャットフードは避け、肉や魚をメインにしたキャットフードをあげるといいでしょう。

(※2)総合栄養食とは
総合栄養食とは、その製品と水だけで必要な栄養を確保できるフードのことです。

ビートパルプ

ビートパルプとは、砂糖を作る原料であるサトウダイコンの残りかすや、その葉のことです。
また、善玉菌のエサである可溶性繊維と、腸内をキレイにする不溶性繊維が含まれています。
そのため、草食の家畜のエサにするのが一般的です。
よって、肉食動物である猫のフードに使われるのは不適切です。

本来の猫は繊維質を取り入れないため、頻繁に摂取をすると毛球症などの腸内トラブルを起こしてしまうことがあります。

それでもビートパルプを使うのは、かさ増しと食いつきを良くするためです。
ビートパルプは、砂糖の搾りカスのため、業者は低価格で譲り受けることができます。
さらに、ビートパルプは甘いため、甘味を好む猫にとっては食いつきも良くなるので一石二鳥です。

そのため、ビートパルプのような食物繊維が豊富に含まれている食材が使われているキャットフードは、避ける事をオススメします。

塩化ナトリウム

猫の先祖は砂漠で生活をしていたため、水をあまり飲む習慣がありません。
そのため、過度に塩(塩化ナトリウムのこと)を摂取すると、泌尿器系に支障が出やすくなります。

しかし、激安のキャットフードは猫の食欲を増進するため、あえて塩化ナトリウムを大量に使っている場合があります。

塩は猫にとってデリケートな栄養素のため、原料名の中盤くらいに塩と表示されているキャットフードは避けるべきです。

添加物をチェックしよう

激安のキャットフードには、大量の添加物が使われている場合が多々あります。
以下では、避けておきたい添加物をご紹介します。

香料

キャットフードを猫が食べたがるようにするため、香料を使い、人工的に匂いを付ける場合があります。

香料には、野菜や果物などの天然の素材を使った香料もありますが、人工で作られたものもあります。

天然由来の香料の場合、アピールポイントになるため、成分などについて詳しく表示されていることが多いです。

しかし香料とだけ書かれているものは、何が使われているのか分からないため、使用をオススメできません。

BHA、BHT、エトキシキン

BHA、BHT、エトキシキンは、キャットフードに防腐剤や酸化防止剤として使われています。
ただ、これらの添加物は、殺虫剤や枯葉剤の酸化防止剤としても使われています。
発がん性、変異原性、催奇形性などの可能性もあり、イギリスでは厳しく取り締まりが行われるほどです。

使用限度は決められていますが、そこまで危険性が高い添加物を使っているキャットフードをわざわざ選ぶ必要があるのでしょうか。

どんな商品にも適正価格というものがあります。
他のキャットフードに比べて激安にできるのは、特別なことをしているから、と考えていいでしょう。
やはり飼い猫には健康でいて欲しいので、安すぎるキャットフードは控えるべきです。