厳選!キャットフード安心ナビ
メインイメージ

No.1 カナガン

カナガン

No.2 シンプリー

シンプリー

No.3 FINEPET'S

FINEPET'S

カナダ産キャットフード

プレミアムフード(食材の品質や無添加などにこだわった高品質のフード)でよく見掛けるカナダ産のキャットフードですが、低価格で販売されていることはあまりありません。
そこで今回は、カナダ産キャットフードの特徴についてご紹介します。

自国の原料を使用している

一般的に、キャットフードの製造においてはどの国も、自国より物価の安い国に工場を作り、販売をしています。

しかし、カナダのキャットフードは自社工場を自国で抱え、自国の原料を使用してフードの製造を行うケースが多いです。
それは、カナダでは農業・農産食品省の基準により、有害物質を含む畜農産物の輸入を禁じているためです。
またカナダは、海や湖、山や川などの自然に恵まれているため自給率が高いので、自国の食材を使用することができるのです。
さらに、自国で新鮮な原料を調達しているため、防腐剤や保存料などに頼らなくても鮮度を維持することができます。
そのため、多くの愛猫家がカナダ産キャットフードに対して信頼をおいています。

アメリカの顧客がカナダに流れた経緯

北米では長年、獣医師の指導の下でキャットフードを製造していたアメリカ産キャットフードが高い評価を受けてきました。
しかし、2007年の大量リコール事件により、中国への業務委託をしていた企業などが大きな打撃を受け、その顧客が自国に自社工場を抱えるカナダ産キャットフードへ流れた経緯があります。

現在では原料の管理が見直され、アメリカ産キャットフードも高品質なフードが増えてきましたが、カナダ産キャットフードの品質の良さから、継続して利用している飼い主さんも多いです。

アレルギーを起こしにくい

カナダ産キャットフードの魅力の一つとして、人工添加物を使用している業者が少ないことが挙げられます。
前項でもご紹介した通り、新鮮な食材を使用しているため、人工添加物に頼らなくてもキャットフードの賞味期限などを維持することができるため、最低限の保存料として、ローズマリーエキスなど、自然由来のものを使用していることが多いです。

猫のアレルギーの多くは、人工添加物や品質が劣化した食材を使用していたために発症しています。
しかし、天然由来の保存料や新鮮な食材を使用することで、アレルギーのリスクを軽減することができます。

カナダ産キャットフードは愛猫家からの評価も高く、徐々に人気を高めています。
しかし、カナダ産だからといって、全てのキャットフードが高品質とは限りません。
キャットフードを購入する前には、必ず原材料を確認して、安全性を確かめましょう。