厳選!キャットフード安心ナビ
メインイメージ

No.1 カナガン

カナガン

No.2 シンプリー

シンプリー

No.3 FINEPET'S

FINEPET'S

ウェットキャットフードの選び方

ウェットキャットフードは、種類の豊富さに加え、値段も幅広く設定されており、どのフードが愛猫に適しているのか、分かりにくい事でしょう。
そこで今回は、ウェットキャットフードを選ぶ上で押さえておきたいポイントをご紹介します。

ウェットキャットフードの用途は、主に2種類に分けられる

ウェットキャットフードは、用途により使い分ける事ができます。

総合栄養食

そのフードと水だけで猫の栄養バランスを維持する事ができます。
ドライキャットフードの方が、コスパが良く、種類も豊富ですが、猫の高齢化が進む昨今では、徐々に種類を増やしており、需要も増えています。

その他の目的食(副食)

その他の目的食には、副食・おかずタイプと、栄養補助食があり、ウェットキャットフードは、前者に該当します。
副食・おかずタイプは、嗜好性が高く、食欲増進などを目的としています。
また、ペットフードや食材(肉や野菜など)と一緒に与える事を目的としているものもあります。

ここまでは、給餌をする目的別にフードの種類をご紹介しました。
次項では、健康を目的としたフードの見分け方についてみていきましょう。

プレミアムウェットフードの見分け方

ウェットキャットフードには、健康に特化したプレミアムウェットフードという種類があります。
一見しただけでは判断が付かないので、簡単な見分け方を3つご紹介します。

ヒューマングレードの原材料で構成

プレミアムの場合、ヒューマングレード(人間の食品における品質基準をクリアしている)の食材を使用しているフードが圧倒的な数を占めています。

また、ウェットキャットフードによっては、人間が食べられる程、高品質なものもあり、営業マンがパフォーマンスとして食べてみせる事もあります。

パッケージに「ヒューマングレード」と書かれていたり、「人間用と同じ食材を使用しています。
」と書かれていることが多いです。

無添加を選ぶ

ウェットキャットフードは水分量が多い為、劣化し易く、保存料などの添加物が多く使用されがちです。
また、発色剤や着色料は、発がん性のリスクを大幅に高めるものがあります。

しかし、プレミアムの場合、無添加、または添加物をあまり使用していないものがあります。

値段

プレミアムの場合、高品質な食材を使用している為、低価格で製品を提供する事ができません。
その為、猫缶1個で500円以上するものもあります。

プレミアムを判断する際は、以上の3つを意識すると、より健康的なフードを選ぶ事ができます。
しかし、いくら健康を意識したところで、猫の体に適していない食材を使用していては意味がありません。
次項では、ウェットキャットフードに主に使用されている肉の適正度をみていきましょう。

猫の最も適した肉は、チキン

猫の祖先は、鳥や小動物を狩り、生きてきました。
その為、自然な形でタンパク質を摂取するには、チキンが最適という事が分かっています。

また、同じ鳥でも、鴨や七面鳥などの鳥類は、脂肪分が少ないので、肥満を気にする猫に食べさせると良いでしょう。

さらに、その猫の祖先が住んでいた地域によっては、魚を好む場合もあります。
魚を与えて害が及ぶ事はないので、猫が好むのであれば、魚を含んだフードを与えるのも良いでしょう。

また、ビーフやラムなど、大型動物の肉を使用したウェットキャットフードもありますが、お祝い事など、特別な時に与えましょう。
特にビーフは、過度に与えるとアレルギー反応を起こす事が分かっているので、頻繁に与えるのは危険です。

ウェットキャットフードは猫が喜んで食べる為、原材料やキャットフードの分類(総合栄養食や目的食など)を意識せずに与えてしまう飼い主さんが多いのが現状です。
その為、ウェットキャットフードを購入する際は、今回ご紹介した選び方を意識して愛猫に適したフードを選んであげましょう。