厳選!キャットフード安心ナビ
メインイメージ

No.1 カナガン

カナガン

No.2 シンプリー

シンプリー

No.3 FINEPET'S

FINEPET'S

ウェットキャットフードの種類(総合栄養食)

食いつきがよく、食の細い猫を飼育している飼い主さんにとって、総合栄養食のウェットキャットフードは心強いフードではないでしょうか。
しかし、ウェットタイプばかりを与えていると、思わぬ落とし穴があります。
そこで今回は、総合栄養食のウェットキャットフードについてご紹介します。

ウェットキャットフードとは、水分量が多いフード

ウェットキャットフードとは、缶詰、アルミトレー、レトルトパウチに充填されたフードのことです。
水分が75%程度含まれているため、水をあまり飲まない猫にとっては、よい水分補給にもなります。

さらに、殺菌工程を経て、容器に充填されているため、未開封では日持ちがし易いというメリットもあります。

総合栄養食とは、栄養バランスの優れたフード

総合栄養食とは、水とその製品だけで健康維持に必要な栄養が確保できるものを指します。
また、健康を維持できる栄養バランスは、ペットフード公正取引協議会の定める試験結果をベースに決定されています。

総合栄養食は、その製品のパッケージに必ず総合栄養食と表示することが定められています。
特に、ウェットキャットフードの場合、一般食、栄養補完食など、一部の栄養に特化したフードも多いので、消費者が見分けをつき易くするため、欠かせません。

より適切なウェットキャットフードを与えるためには、主食として与えるのか、おやつとして与えるのか、給餌目的を決めてから購入することをオススメします。

では、どのような猫が、総合栄養食のウェットキャットフードを必要としているのでしょうか?

総合栄養食のウェットキャットフードがオススメな猫は、老猫

猫は食が細い動物のため、年齢を重ねると、さらに食が細くなります。
フードを食べないと体力が付かず、老いた体の健康を維持するのは難しくなります。
その姿から、歯が衰えた猫でも食べ易いスープ・シチュータイプのフードを与え、少しでも栄養を付けさせようと、奮闘する飼い主さんも多いことでしょう。

しかし、スープ・シチュータイプは、栄養バランスにおいては不十分な一般食が多く、日々の食事として与えるには不適切です。

成猫であれば、ドライキャットフードと一緒に、スープ・シチュータイプのフードを与えるのが効果的ですが、老猫に硬いフードを食べさせるのは、あまりに可哀想です。

そんな老猫には、総合栄養食として多く販売されているフレークタイプのウェットキャットフードを、ミキサーにかけるなどをし、歯をあまり使わなくてもよい状態まで細かく刻んで与えると、食べ易くなります。
歯が衰えると、なめて食べられる食事を好むようになるので、オススメです。

人間同様、猫の高齢化も進んでいるので、老猫用のフードも、7歳~、11歳~、15歳~など、年齢に段階を設けて販売されています。

ところが、気に掛けるべきは、年齢だけではなく、そのキャットフードの品質です。
次項では、品質に優れたウェットキャットフードをご紹介します。

ウェットキャットフードの総合栄養食を選ぶポイントは、プレミアムフード

キャットフードには、プレミアムフードという栄養価がより高く、高価なものがあります。
プレミアムフードを見分けるポイントとは、グレインフリー、ヒューマングレードなどのワードが使用されていることです。
また、製品のパッケージにプレミアムと表示されているものもあります。

ウェットキャットフードは、殺菌工程を経ているとはいえ、水分が大量に含まれているため、劣化や腐敗が早く、ドライキャットフードに比べ、開封後の賞味期限が短いのが特徴です。

賞味期限が短いので、低価格で購入することはできませんが、添加物が少なく、体へかける負担を軽減できるので、オススメのフードです。

しかし、毎食、プレミアムフードを与えるのは、経済的に難しい方も多いでしょう。
それでは、比較的、安価で総合栄養食のウェットキャットフードを選ぶには、どうしたら良いのでしょうか。

総合栄養食のウェットキャットフード選ぶ3つのポイント

以下では、そこまで高価でなくても、安全で品質の高いフードを選ぶ際のポイントをご紹介します。

主原料

肉食動物である猫にとって、主原料としてふさわしい食材は、チキンやサーモンなどです。

農林水産省の規定により、ペットフードの原料は、その製品のパッケージに表示することが定められており、原材料は多い順に記載することが望ましいと考えられています。

主原料を知るためには、原料の最初に表示されている食材をチェックして下さい。

穀類

猫は穀類の消化、吸収が苦手なため、穀類が使用されているフードは、子猫や老猫には、なるべく与えないことをオススメします。

人工添加物

多くのキャットフードには、人工添加物が使用されています。
決して食べてはいけないものから、微量であれば問題ないものまで、様々です。

例えば、ウェットキャットフードに、頻繁に使用される増粘安定剤ですが、少しだけ警戒心を持って下さい。
増粘安定剤には、ゼラチンや寒天など天然由来のものも含まれており、一見、安全なものと思われるでしょう。
しかし、増粘安定剤には、加工デンプンなど、人工添加物もその種類に含まれています。

加工デンプンは、決して口にしてはいけない危険な食べ物ではありません。
ところが、加工デンプンを合成する際、化学反応で加工デンプンとは少し異なる未知の合成デンプンができてしまい、未知のものについては安全性が確認できていないのが現状です。

その合成デンプンにより、デンプンに含まれているタンパク質を変化させる可能性が高く、アレルギー反応を起してしまうこともあるため、極力控えた方が良い、と訴えている研究者もいます。

加工デンプンには、名前の前後に、加工、~酸、酸化、架橋などが付いているので、1つの参考にしてみて下さい。

総合栄養食のウェットフードについて

ウェットフードは嗜好性が高く、子猫や老猫にも食べ易いので、食が細い猫に適したフードです。

しかし、水分量の多さによる劣化や腐敗を防ぐため、添加物が多く使われているものが多く、健康面について疑問が残ります。

常用食として与えるのではなく、ご褒美や食欲がない時に与えるのが良いです。