厳選!キャットフード安心ナビ
メインイメージ

No.1 カナガン

カナガン

No.2 シンプリー

シンプリー

No.3 FINEPET'S

FINEPET'S

アメリカ産キャットフード

アメリカは動物愛護への関心が強く、多くのブリーダーはペットショップに幼い子猫を陳列することに対し、否定的な意見をもっています。
それは、幼い頃に健康的な環境と食生活で生育することで、老齢を迎えても健康を維持できるという考えをもっているからです。
そこで今回は、アメリカ産キャットフードについてご紹介します。

米国飼料検査官協会 AAFCO

AAFCOとは、Association of American Feed Control Officialsの略称で、アメリカでは法律と同等の効力を持つといわれています。
それは、AAFCOが定めた規則を基準として、連邦政府と州政府の二つの機関が規制を設けているためです。

AAFCOでは、ペットフードの栄養素に関する表示や給与試験などが行われており、その中でも最も重要な試験が栄養基準に関する試験です。
試験では総合栄養食(その製品と水だけで必要な栄養を摂取できるフード)として必要な栄養素の最大値と最小値を示し、その数値を参考にしている国もあり、日本もその内の一か国です。

また、キャットフードの中には、「AAFCO認定」「AAFCO合格」などと表示しているフードがあります。
しかしAAFCOが業者に対し、合否判定などを行うことはなく、上記のような表示は禁止されています。
そのため、「AAFCO基準をクリア」などが妥当でしょう。

但し、日本のようにAAFCOの基準を参考にしている国の場合、基準をクリアしているのは当たり前のことなので、あえて表示をしているフードはアピールするポイントが少ないとも取れてしまいます。

アメリカでの良いキャットフードに関する考え方

アメリカでは栄養素の数値により、キャットフードなどのペットフードの良し悪しが判断されています。
特に猫は年代ごとに必要な栄養価の数値が異なるため、それぞれに合ったフードを食べさせることで、より健康的な身体を維持できると考えられています。
また、多くの日本の業者もこれに賛同して製造をしています。

しかし注意すべき点もあります。
それは原料です。
アメリカのキャットフードは栄養バランスが優れていますが、トウモロコシや米などの穀類をたんぱく質として使用することがあります。
また、チキンミールや肉副産物などをたんぱく質として使用していることも多く、その中には4Dミート(※)と呼ばれる食材として不適切な肉類が含まれていることもあります。

このことから、栄養価が優れていても、質や美味しさが乏しいフードがあることが分かります。
そのため、原材料はきちんとチェックしましょう。

(※)4Dミートとは
4Dミートとは、「Dead(死んだ)」「Dying(死にかけている)」「Diseased(病気の)」 「Disabled(けがをした)」の四つの意味を示す言葉です。
アメリカで誕生した言葉ですが、4Dミートを使用せずにペットフードの製造を行う業者が増えてきています。

アメリカのキャットフードは、一度は耳にしたことがある製品が多く、栄養価に優れているのが特徴です。
しかし、安全性に関しては発展途上のフードもあるため、原材料をきちんと確認してから購入することで、より高品質なフードを購入することができるでしょう。