厳選!キャットフード安心ナビ
メインイメージ

No.1 カナガン

カナガン

No.2 シンプリー

シンプリー

No.3 FINEPET'S

FINEPET'S

キャットフードの味(チキン)

キャットフードのパッケージに、○○味と表示されていることがあります。
その中でも、チキン味と表示されたフードは群を抜いて販売しているメーカーが豊富です。
このチキン味とは一体、猫にどのような効果をもたらすのでしょうか。
そこで今回は、チキン味のキャットフードを品質別にご紹介します。

鶏肉副産物を使用したキャットフード

チキン味のキャットフードには、鶏肉副産物やチキンミールとよばれる、鶏肉を精肉する過程で、付随して得られるものが使用されている場合があります。
具体的には、鶏の頭や羽根、内臓や血液、腸や足などが鶏肉副産物に該当します。
また、鶏肉副産物の中には、4Dミート(※1)とよばれる劣悪な肉を使用していることもあります。

チキン味のキャットフードは鶏肉を主原料として製造していことが多く、それに伴い、原価も高くなります。
それにも関わらず低価格で販売しているキャットフードは、劣悪な原料を使用している場合があるので注意が必要です。

(※1)4Dミートとは
4Dミートとは、4Dミートとは、「Dead(死んだ)」「Dying(死にかけている)」「Diseased(病気の)」 「Disabled(けがをした)」の4つの頭文字をとったアメリカの造語です。
チキン味のキャットフードを製造する場合、チキン本来の味は失われているため、フレーバーやチキンオイルで味を誤魔化している可能性があります。

チキン味の香料を使用したキャットフード

チキン味のキャットフードによっては、トウモロコシや小麦といった穀類を主原料にしていることがあります。
この場合、フードは穀類の味になってしまうため、食べない猫が多いです。

しかし、猫が食べないフードは需要がないため、猫が好むチキン味のフレーバーやオイルを添加して販売していることが多いです。

穀類にオイルを加えて販売すれば、チキンを主原料としているフードより安価で製造できます。
安全性を二の次にし、利益を最優先にしているメーカーもあることを、我々飼い主は忘れてはいけません。

食用の鶏肉を使用したキャットフード

キャットフードの中には、プレミアムキャットフード(※2)という高品質なフードがあります。
原料には人間用の食品と同じ安全基準をクリアしたもの(ヒューマングレードという)を使用したり、副産物や香料、合成着色料といった添加物は一切使用していなかったりと、フードの安全性をとことん追求しているメーカーもあります。

猫の先祖は小鳥や小動物などを獲物として生活をしていました。
そのため、チキンは猫の体質に合っており、健康をサポートする上では欠かせない食材です。

(※2)プレミアムフードとは
プレミアムフードとは、原料の安全性にこだわった良質なフードのことです。
プレミアムキャットフードには、今回ご紹介したヒューマングレードや無添加だけでなく、穀類を一切使用していないグレインフリーや、あまり温度を上げ過ぎずにフードをオーブンなどを使用する製法などもこれに該当します。

チキン味の中にも味の違いがあり、同じチキン味でも好まないフードがあることでしょう。
そのようなときは、今回ご紹介しました原料の違いを確認してみて下さい。
もしかしたら、品質の悪いチキンが使用されているかもしれません。