厳選!キャットフード安心ナビ
メインイメージ

No.1 カナガン

カナガン

No.2 シンプリー

シンプリー

No.3 FINEPET'S

FINEPET'S

キャットフードの添加物(合成調味料)

キャットフードの嗜好性を高めるために添加物を使用しているフードは多くあります。
しかし、多くの添加物は嗜好性を高めているだけで、猫の身体には負担をかけることが分かっています。
その代表といっても過言ではない添加物が、合成調味料です。
そこで今回は、キャットフードの添加物の一種である合成調味料についてご紹介します。

合成調味料とは、うま味成分のこと

合成調味料は別名、うま味調味料と呼ばれており、使用することでフードの味が格段に美味しくなります。

合成調味料は人間用の食品にも使用されており、ポテトチップスやインスタントラーメン、ドレッシングなど、多くの加工食品に添加されています。

また、キャットフードの原材料に合成調味料と表示されていることは少なく、調味料(アミノ酸)やグルタミン酸ナトリウムと表示されていることが一般的です。

合成調味料を食べ続けるのは問題あり

合成調味料は、団体やメーカーにより賛否両論あります。

前項でもご紹介したグルタミン酸ナトリウムは、体内で生成できる物質です。
このことから、摂取しても問題ないと主張する団体もあります。
その一方、体内で生成したグルタミン酸ナトリウム以外に、人工的に精製したグルタミン酸ナトリウムを摂取することで、脳神経が刺激されるといわれています。
その結果、必要以上の快楽を感じ、そのフードが癖になってしまう子もいます。
このような症状を興奮毒性といい、その危険性を指摘する獣医師もいます。
また動物実験では、卵巣や子宮、肝臓や脳下垂体、ホルモンといった箇所で異常が認められています。

良質な食材を使用していれば、合成調味料は必要なし

合成調味料は食べ物の味を良くすることに長けています。
しかし、アメリカの中華料理店では大量の合成調味料を使用していることが多く、その結果、頭痛や手足の痺れ、倦怠感や呼吸困難などの症状を引き起こすことがあり、問題視されています。
そのため、合成調味料不使用をうたった中華料理店がアメリカでは好まれています。

猫より体が大きな人間が合成調味料を大量に使用した食べ物を口にして、これらの症状がみられているのです。
合成調味料を使用したキャットフードを飼い猫に与え続ければ、同じ症状を引き起こすことは目に見えています。

そのため、キャットフードは合成調味料不使用のフードを選ぶことをオススメします。

また、飼い主さんによっては「うちの子は、キャットフード嫌い」との悩みを訴えることがあります。
しかし、良質な食材を使用し、余計な添加物や、猫の体質に合わない穀類などを使用していないフードであれば、猫は喜んで食べてくれます。
キャットフードは栄養バランスに優れているので、良質なキャットフードを与えましょう
飼い猫の健康を維持するためには、安全性の高いキャットフードを与える必要があります。
今回ご紹介した合成調味料は、嗜好性を高めるものの、健康をサポートする効果はイマイチです。
キャットフードを選ぶときは、必ず原材料をチェックしてから購入するようにしましょう。