厳選!キャットフード安心ナビ
メインイメージ

No.1 カナガン

カナガン

No.2 シンプリー

シンプリー

No.3 FINEPET'S

FINEPET'S

キャットフードの添加物(エトキシキン)

キャットフードの原材料を確認すると、後方にエトキシキンという添加物が表示されていることがあります。
エトキシキンは多くのキャットフードに使用されており、問題視している専門家が多い添加物の一種です。
そこで今回は、キャットフードの添加物の一つである、エトキシキンについてご紹介します。

エトキシキンは酸化防止の役割がある

エトキシキンとは、抗酸化剤のことです。
船舶で魚粉を輸送中する際、乾燥による自然発火を防止するために使用することが国際規則で定められています。

キャットフードにおいては、酸化防止剤として使われており、ペットフード安全法に基づき、使用量はBHAとBHTを合わせて150(μg/g)と定められています。

キャットフードは他のペットフードに比べ、たんぱく質や脂質が多く含まれているため、酸化しやすく、フードの劣化が著しいため、猫が嘔吐や下痢をしないように使用されています。

エトキシキンは酸化防止にかなり優れている上、価格が安いので、キャットフードを始めとする多くのペットフードで使用されています。

エトキシキンは様々な病気を誘発する可能性がある

エトキシキンは、キャットフードに当たり前のように添加されており、家畜や一部の魚のエサへの添加も認められています。

しかし、毒性が強いことから、人間用の食品に使用することは禁止されています。
また、エトキシキンが添加されたエサを食べた家畜や魚の体内におけるエトキシキンの残留濃度は、人間用の食材として使用する場合、許容量は1μg/gとされています。

このことから分かるように、エトキシキンは、安全な添加物ではありません。

エトキシキンが体内に残留することにより、皮膚トラブルやアレルギーを引き起こすこともあり、酷いときには、がんや臓器の障害などが現れることもあります。

天然の酸化防止剤は安全性が高い

酸化を防止するための添加物はエトキシキンのような毒性の強い添加物だけではありません。

酸化防止剤の中には、ローズマリー抽出物や緑茶抽出物といった天然成分から抽出された酸化防止剤もあります。
これら天然の酸化防止剤には、天然成分に含まれるビタミンEがキャットフードの酸化を防止しています。

しかし、エトキシキンに比べると酸化を防止する効果が弱く、賞味期限が短かったり、保存方法を徹底したりする必要があるため、管理と保存には気を使わなければいけません。

エトキシキンは、発がん性が認められている添加物の一つです。
しかし、低価格のキャットフードを始め、多くのフードに使用されています。

ペットフード安全法により決められた使用基準を守っていれば、エトキシキンも安全と言いたいところですが、より安全なキャットフードを求めている飼い主さんが増えている昨今、安全性とは言い難い添加物の一種です。