厳選!キャットフード安心ナビ
メインイメージ

No.1 カナガン

カナガン

No.2 シンプリー

シンプリー

No.3 FINEPET'S

FINEPET'S

キャットフードはどこで買えばいいのか

キャットフードは様々な場所で売られています。
そのせいか、キャットフードをどこで買えばいいのか分からない飼い主さんも少なくありません。
そこで今回は、キャットフードが売っている場所やその特徴についてご紹介します。

ペットショップ

キャットフードを購入するなら、ペットショップがオススメです。
種類が豊富で、様々なタイプの猫に合わせたキャットフードが販売されています。

また、専任のスタッフがいる場合があり、飼い猫に合ったキャットフードを紹介してもらうこともできます。

さらに、その店舗にはないキャットフードの取り寄せができる場合もあるので、欲しいキャットフードが入手しやすいです。

大型店やプレミアムキャットフード(※)専門店では、その製品を取り扱う会社のスタッフが商品案内をしていることもあり、新しいキャットフードに出会う機会も広がります。

(※)プレミアムキャットフードとは
プレミアムキャットフードとは、ワンランク上のキャットフードのことです。
猫の食性に合わせた穀類を使っていないフードや無添加のフードがこれに該当します。

ホームセンター

ペットショップほどではありませんが、ホームセンターにも豊富な種類のキャットフードがあり、低価格なキャットフードや大袋のキャットフードがメインに販売されています。

また、ペットショップやトリミングサロンが併設されている場合もあります。
しかし、通常のペットショップやトリミングサロンよりリーズナブルということもあり、専門的な知識を持ったスタッフは少ないです。
そのため、ホームセンターは目当てのキャットフードを既に決めている飼い主さんにオススメです。

スーパー・コンビニ

スーパーやコンビニは、限られた種類のキャットフードだけを販売しています。
また、ドライキャットフードより缶詰がメインで販売されていることの方が多いです。

取り扱われているキャットフードは、一部上場企業や有名企業のフードが多く安心感があります。
しかし、海外のプレミアムキャットフードや有名でないキャットフードの取り扱いは殆どありません。

キャットフードを切らしてしまったときや、旅行先などで購入するのにオススメです。

ネット通販

最も種類豊富に販売しているのが、ネット通販です。
誰でも知っているキャットフードから、聞いたことがないような海外のフードまで、幅広く販売されています。

また、キャットフードの原料名や特徴を、時間を気にせず見ることができるので、本当に欲しいキャットフードを手に入れることができます。

但し、怪しい会社がネット通販を運営していることもあるので、会社概要などをきちんと確認しましょう。
口コミが極端に高評価な場合、身内が投稿しているケースもあるので、要注意です。

動物病院

病気やアレルギーによって療法食が必要な場合、動物病院で購入するといいでしょう。
療法食のあげ方や、通常のキャットフードに切り替える際のタイミングなど、病気やアレルギーに苦しむ猫のサポートを獣医師にしてもらえます。

ペットショップやネット通販より割高なケースが多いですが、病気などを考慮すると、妥当な金額ではないでしょうか。

ブリーダー

ブリーダーとは、猫や犬などの動物を繁殖する専門家のことです。

飼い主さんによっては、飼い猫を購入したブリーダーから、その品種に合ったキャットフードも購入するケースもあります。
また、ブリーダーと知り合う機会が無くても、獣医師や専門誌、インターネットでも、ブリーダーと接触することはできます。

但し、ブリーダーによっては繁殖を専念にしており、キャットフードの販売をしていない方もいます。
そのため、電話やメールでコンタクトを取り、キャットフードの販売に前向きなブリーダーを探すといいでしょう。

キャットフードは、様々な場所で販売されています。
キャットフードについて詳しくない方は、専門的な知識をもったスタッフがいるお店で購入するのがいいでしょう。
また、欲しいキャットフードのイメージができている方は、ネットなどでじっくりと探すのもいいでしょう。
飼い主さんの性格や情報量によって、キャットフードの購入場所を選ぶことをオススメします。