厳選!キャットフード安心ナビ
メインイメージ

No.1 カナガン

カナガン

No.2 シンプリー

シンプリー

No.3 FINEPET'S

FINEPET'S

市販のキャットフードに一工夫して食べやすくする

総合栄養食(※1)のキャットフードは栄養に特化しているものの、味や匂いがイマイチなフードが多いので食べてくれない猫がいます。
そこで今回は、そんな猫でも市販のキャットフードを食べてくれるよう、一工夫して食べやすくする方法をご紹介します。

(※1)総合栄養食とは
総合栄養食とは、その製品と水だけで必要な栄養を確保できるフードのことです。

キャットフードを温める

キャットフードは温ためるとその香りが引き立ちます。
特に、プレミアムキャットフード(※2)は素材の味がキャットフードの味に反映されているため、一般的なキャットフードより好んで食べてくれます。

(※2)プレミアムキャットフードとは
プレミアムキャットフードとは、良質な食材を使用した高価なキャットフードのことです。
無添加のフードやグレインフリー(穀類不使用)がこれに該当します。

かつお節をふりかける

猫はかつお節の匂いが大好きです。
そのため、キャットフードにふりかけると食べてくれることがあります。

人間用のかつお節でも問題ありませんが、猫用のかつお節と比べると塩分が多く含まれています。
そのため、1日の給餌量は1つまみ程度にしましょう。

また、かつお節をふりかけた後はフードと混ぜないと、かつお節だけを食べて、フードは残すことがあるので注意しましょう。

ウェットキャットフードをトッピングする

ドライキャットフードには、ウェットキャットフードをトッピングすると、ウェットタイプのいい匂いに誘われて食べることがあります。

この方法は子猫に使うことが多く、ペットショップで陳列されている子猫も、具合が悪かったり、食欲が落ちたりすると、ウェットタイプを加えてあげることがあります。

但し、給餌には注意が必要です。
ウェットタイプはカロリーが高いので、カロリー計算(※3)をしながらあげて下さい。
同じメーカーから販売しているキャットフードなら、ドライタイプとウェットタイプを一緒にあげる際の給餌量が表示されているので便利です。

(※3)カロリー計算の方法
猫が1日に必要とするカロリーは、以下の計算式を用いて算出します。

体重 (㎏) × Y (kcal) = 1日に必要なカロリー

猫が1日に必要なカロリーは年齢によって違います。
そのため、上記の計算式のYには以下の条件に当てはまる数字を代入し、カロリーを算出して下さい。

・離乳から生後6ヶ月…200(kcal)
・生後7ヶ月から12ヵ月まで…100(kcal)
・生後1歳から生後6歳まで…80(kcal)
・生後7歳以上…70(kcal)

嗜好性の高いスナックタイプのフードを混ぜる

ドライキャットフードによく似た形状をしているスナックタイプのおやつがあります。
それは嗜好性が高く、ドライキャットフードを食べない猫でも食べることが多いです。

そのため、スナックタイプのフードをドライタイプに混ぜてあげると、食べることがあります。

猫は賢い動物なので、好みのフードだけつまんで食べようとしますが、猫は食べ物をあまり噛まない習性があります。
そのため、ドライタイプも一緒に食べてしまいます。

キャットフードは一工夫すれば食べてくれることが多いです。
しかし、子猫の頃から食事の好き嫌いに応えていると、成猫になったときには、飼い主さんが選んだフードを食べてくれないことが殆どです。

そのため、猫の嗜好によって食べない場合は、キャットフードに工夫をするのは最終手段としましょう。
このような猫には際限がありません。