キャットフードの種類いろいろ

キャットフードに混ぜちゃダメ

ドライフードやウェットフードだけではなく、オリジナルレシピで愛猫のキャットフードを作って与える方法もあります。
出来る限り、穀物や保存料を食べさせたくないとの判断から、バランスの取れた美味しい食事を与えたいものですよね。
しかし、そこには注意しなければならないポイントがいくつかあります。
天然自然の物だからといって与えてはならない食材や、可愛いからと与えてはならない子供のお菓子など、与えることで命に関わるような危険な食材があるのです。

与えてはいけない食材は何?

有名なところでは、タマネギですね。
タマネギの成分は、人間の血液をサラサラにしてくれますが、猫にとっては生命に関わる激薬です。
タマネギの成分が、血液中の赤血球を殺してしまうので、食べすぎると死に至ってしまう危険な食材なのです。
玉ねぎに限らず、ネギ類は与えるべきではありません。

また、生のイカやタコも与えてはなりません。
まるで腰を抜かしたように動けなくなってしまい、死んでしまう場合もあるのです。
イカやタコに含まれる酵素が、猫を腰砕けにしてしまいます。
この酵素は、生の淡水魚にも含まれている場合がありますので、魚だからといって安易に与えると、思わぬ被害を招いてしまう可能性があります。
チョコレートも危険な食材の1つです。
チョコレートに含まれる成分が、下痢や嘔吐を引き起こし、こちらも酷いときには痙攣を起こして死に至る可能性があります。

本来の猫の健康的な食事とは?

当たり前の事ではありますが、人と猫では必要とする栄養素が違います。
昔話で、人間の食事から出てくる残飯を与える話が出てきたり、鰹節をふりかけたホカホカご飯を与えるような話が出てくることがありますが、そこには猫にとって不必要な栄養素が多く含まれているのです。

不必要な栄養素は、体外に排出されるものばかりではありません。
体内に残ってしまい、体に不調をきたす場合もあるのです。
実際に食べても元気そうにしている猫がいるのも事実ですが、猫にも個体差があり、やはり基本的には与えない方が良いとされています。

猫は乾燥地帯に生息していた肉食動物であったことをご存知でしょうか?
様々な小動物が生息し、水が少なく、穀物の少ない乾燥地域です。
この事から、猫が水を飲むのが苦手であることも頷けます。
この世界での猫の食事は、小動物を狩り、頭から尻尾までまるごと食べる事です。
大きなもの以外は骨も残さず、本当にバリバリとまるごと食べます。
つまり、猫に必要な栄養素は、生きたままの小動物に含まれていることになります。

まとめ

「猫は家族」という意識が強すぎて、自分たちと同じ食事を与えたり、キャットフードに人間の食べ物を混ぜたりするのは絶対禁止です。
極端な話ですが、私達の食卓に、調理前の血の滴る牛の内臓を並べるようなものです。
大切なことは、猫の生体を研究し、有害な物質を洗い出し、その物質が何に含まれているのかをしっかりと把握してから、フード作りに取り掛かることです。
家族同然の猫にとって害のない美味しい食事を与えてあげてください。
また、犬も飼っている方必見ドッグフードとキャットフードの違いについても合わせてご覧ください。

ページのトップへ戻る