キャットフードの種類いろいろ

プレミアムキャットフードって何?

キャットフードの世界でも「プレミアム」と呼ばれるランクに位置するフードが存在します。

それが「プレミアムキャットフード」で、プレミアムと呼ばれるにふさわしい品質を持っています。
今回は、そんなプレミアムキャットフードを皆さんにご紹介させていただきます。

特別なドライキャットフード

プレミアムキャットフードは、分類するとドライキャットフードになります。
水分の含有量が10%以下のキャットフードであり、高級なドライキャットフードとも言い換えることが出来ます。
何がプレミアムなのかというと、ドライキャットフードが持っている問題点を極限まで排除したフードだからなのです。

着色料、保存料、酸化防止剤を極限まで排除

ドライキャットフードは、長期保存に対応するため、一定量の着色料や保存料を使っています。
キャットフードに着色料や保存料が入っているからと言って、必ずしも猫の健康を害するものではありませんが、飼い主としては「入っているよりも入っていないほうが安心する」のが心情です。
プレミアムキャットフードは、その保存料と着色料を極限まで使わずに製造されています。
結果として、ドライキャットフードの特徴である長期保存は不可能になっているのですが、それでもウェットキャットフードよりは長期保管可能です。
また、フードが酸化すると、猫の体調を悪化させる確率がとても高くなります。
フードの袋を開けた直後から、空気に触れるだけで、どうしてもフードが酸化してしまいます。
プレミアムキャットフードは、酸化を防ぐための添加物を極限まで排除しており、開封してからの酸化を通常のドライキャットフードのように防ぐことは出来ませんが、酸化防止剤による体調不良の確率を下げることができます。

プレミアムキャットフードで健康になれるのか?

「このフードなら、調子悪くなったウチの子も体調を戻せるかしら?」と言う飼い主さんがいらっしゃいますが、その考えは間違っています。
確かに、体調を崩してしまった猫に対して与えることで、それ以上の悪化を防ぐことが出来るかもしれませんが、そもそもの用途が間違っています。
プレミアムキャットフードは薬ではありません。
あくまでも、猫の健康を考えたキャットフードであり、健康を維持するための一つの方法なのです。

まとめ

ドライキャットフードの心配な点を攻略し、フードとしての性能を犠牲にしてまでも、大切な猫の健康に力を注いで作られたプレミアムキャットフード。

どのメーカーのプレミアムキャットフードがマッチするのか否かは、実際に与えてみなければわかりません。
各社メーカーから同様の商品が販売されておりますが、共通的な基準があるわけではなく、独自の考えと理論に基づいて製造されています。
様々に試して見ながら、自分の猫にあっているかどうかを探してみるのも、面白いのではないでしょうか。
最後に、プレミアムキャットフードは値段もプレミアムですので、価格帯は事前に調査してからショップに行きましょう。

ページのトップへ戻る